魅力満載?!屋久杉だけではない屋久島の観光旅行

大自然に囲まれてリフレッシュに最適

屋久島へは、各エリアの空港から鹿児島空港で飛行機を乗り換え約35分もしくは鹿児島本港に出て高速船を利用して1時間45分から2時間30分で行くことができます。海や滝、山などの多くの自然に囲まれて、神秘的なパワーを感じながら日ごろの都会の喧騒から逃避できるリフレッシュに最適な島です。

絶対に見なきゃ損する屋久杉

世界自然遺産にも選ばた屋久島は、何と言っても屋久杉を見ないことには訪れたことの意味がないとも言われています。往復約20kmで約10時間かかる縄文杉トレッキングコースに挑戦してみましょう。登山口を出発すると延々と続く8kmのトロッコ道を過ぎるとウィルソン株と言われる切り株があり、中に入って見上げるとハート型なっていることから、恋愛成就のパワースポットとして女性に人気です。すぐ近くに夫婦が手を取り合っているように見える夫婦杉、最後には目的の雄大な屋久杉最大の老樹の縄文杉に出会えます。

トレッキングだけでない屋久杉の楽しみ方

往復20kmも無理と言う方には、さるや鹿に出会いながら車やバスで行かれる屋久杉ランドで、30分から150分までの4つのコースをハイキング気分で楽しめます。サツキやツツジの開花の4月から5月には、花々と渓流とのコラボレーションが最高な美しさを演出しています。

まだまだある見どころ

屋久杉だけではなく、日本百選に入っている落差88mの大川の滝や巨大な一枚岩を流れ落ちる千尋の滝が有名です。干潮時の前後2時間程しか入れない平内海中温泉は、目の前の海を楽しめるレアな温泉です。

忘れてはいけない屋久島グルメ

アクティブに動いた後には、美味しい物で満たされるのが一番です。屋久島では、トビウオの刺身やから揚げが最も有名なグルメで地元の人からも愛されている一品です。

屋久島ツアーでよく見かけるのが屋久島トレッキングにスニーカーを履いて参加する人がいます。雨が多い屋久島を歩くのにスニーカーは適切ではないので防水機能のあるトレッキングシューズを履く事をおすすめします。