ネット?それとも自宅近くの専門店?自転車はどこで買うのが安心なのか

家の近くにある店で買うのが理想的

自転車を購入できる場所はいろいろあります。専門店だけではなく、ホームセンターや大きめなスーパーで売られていることがありますし、中古であればリサイクルショップにも置いてあります。また、インターネットで買うことも最近では一般的になっています。ただ、価格や車種に特にこだわりがないのであれば、買う場所は家から一番近くにある店がいいでしょう。その理由はいろいろあります。

まず、パンクしたり、壊れしたり、車体にトラブルが発生した場合に持っていきやすいということが挙げられます。自転車店によっては、自分の店で販売した自転車しか修理を行わないということがあるからです。そのため、ネットで購入した自転車を近所の店に持っていって修理してほしいと頼むと、断られてしまうこともあるのです。

自宅から離れた店で買うと起こりうる問題

また、自店で売った自転車の修理価格と、他店で販売された自転車の修理価格を差別化している店もあり、当然、自店で売った方を安くしているので、そういった場合も有利になります。

次に防犯登録の問題があります。一般的に、自転車の防犯登録は購入した店で行うので、ネットであったり、住んでいる市町村とは違う都市で自転車を買った場合、登録先の警察署が住所を管轄しているところとはまったく違う署になります。このこと自体は問題ありませんが、やはり、職務質問で警察に自転車を止められたとき、「なぜこの警察署に登録しているのか」ということで話がややこしくなることがあるのです。

そういったことからも、自宅近くの店で買うのが安心というわけです。

名古屋の自転車のショップの人気商品の特徴として、性能やデザインがほかの商品よりも優れており、長期的に使用できることがあります。