困難なことに立ち向かって行ける、努力の人にオススメの楽器、オーボエ!!

オーボエってどんな楽器??

オーボエは、木管楽器です。他の木管楽器よりも演奏するのが難しいと言われています。リードを2枚使用して音を出します。音が出るまでに、時間がかかり、音が出ても初心者には、なかなかコントロールできません。上手く行ったり、行かなかったりなかなか懐いてくれないネコのようです。

どんな音がするの??

高音が出るのが特徴です。とても優しい音色を出すのが得意で、ゆったりとした曲の方が、楽器に合っています。

手が小さくても大丈夫!!身体が小さくても大丈夫!!

オーボエのキイは、クラリネットなどよりも小さいので、手はむしろ小さい方が有利かもしれません。オーボエの中は、とても細く、息を吹き込む入口が狭いので、少しずつしか入れる事が出来ません。息を少しずつ使うので、長いメロディーをブレスなしで吹く事が出来ます。楽器の特性上、長いフレーズを吹く事が多くある為、息の入れ方、使い方に工夫とコツがいります。

自分好みの手作りリード。

オーボエのリードは、自分で作成しなくてはいけません。リードは、売っていますが、そのまま使いません。薄いリードが好みなら、削って薄くしたりと、自分好みにカスタマイズします。お気に入りのリードをいくつも作っておいて、その日の状況に応じて使い分けます。

オーケストラの中心!?

オーケストラでの演奏の場合、チューニングは、必ずオーボエが最初に「ラ」の音を鳴らします。これは、オーボエが音程を調整しにくい楽器だからです。他の楽器は、チューニングが出来るの対しオーボエは、リードの抜き差ししか方法がありません。その為、オーボエに合わせます。オーボエは、手のかかる楽器ですが、手のかかる楽器程、愛着が湧きます。素敵な音が出せた時は、他の楽器よりも、より感動します。コツコツ日々精進出来る人には、オススメの楽器です。

オーボエは「世界一難しい木管楽器」と言われるほど、その演奏に高い技術が求められる楽器です。しかしその哀愁漂う独特な音色は、オーケストラのソロパートで活きるものであり、とてもやりがいのある楽器なのです。