スキーツアーの荷物の運搬方法は工夫するのが一番

長距離移動なら前もって送る

電車や飛行機などを乗り継いで行くタイプのスキーツアーや、何度も乗り換えがある遠方への旅行の場合には、スキー道具一式を全て持って行って移動すると途中で疲れてしまいますから、ゲレンデあるいは滞在先のホテルなどに送りましょう。ホテルやスキー場の担当者に対して事情を話せば受け取ってくれるので、迷惑をかけずにスキー道具を運べます。最近ではスキー道具の送料なども込みのツアープランも多くなっていますから、長距離移動でスキーに出かける際に、荷物運びに抵抗があるなら、前もって宅配便などで送っておきましょう。

電車で移動する場合には

電車で移動する場合には、スキー場の近くを走る列車ならスキー専用のラックを設けていることがあります。このラックに置いておくことで客室内まで持ち込む必要もなくなるので、邪魔になることがありません。鉄道でのスキーツアー参加の場合には荷物を運搬する方法がしっかりと確保されています。

どうしても自分で持って行くなら

スキーをゲレンデやホテルに送るような余裕がない方や、自分の道具は責任を持って携行していきたいと感じている方は、一体型のバッグを使うのが良いでしょう。スキーとブーツにウェアなどをセットで運搬できるので一つにまとめて持っていけます。キャスター付きのバッグならば、スーツケースとスキーバッグを押して行くだけで良いので持ち上げる必要がありません。オールインバッグを活用することでスキーツアーがより快適になりますから、都市部の方は是非活用してみると良いでしょう。

スキーツアーには、電車で行くタイプと、バスで行くタイプがあります。乗り換えなどが面倒なのであれば、バスのスキーツアーを選べば車内でのんびりしている間に、スキー場まで連れて行ってもらえます。