車検についての基礎知識と簡単な費用の内訳

車検はどうしてする必要があるのか

まず車検について基礎知識から頭に入れておきましょう。車検というのは車が安全委走行できるかどうかを国が定めている工場で検査することです。

新車であれば初めは3年に1回、以降は2年に1回車検することが義務付けられています。この車検を受けないと車は行動を走ることができないのです。

車検費用は業者によって大きく違う

車検は2年に1回とはいえ、大きな出費となるので頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

ところが車検をおこなっている業者をいろいろと調べてみるとその金額は実に大きな開きがあります。

最も高いところと安いところでは実に倍以上の金額の差が出る場合もあるのです。

どうして車検を行う業者によってこれだけ金額の開きが発生するのでしょうか。

法定費用はどこも同じ金額

車検のお金はいくつかの項目があって、お店で提示しているお金はそのいくつかの項目でかかる費用の総額になります。

大きく分けると法定費用と車検費用に分けられます。

法定費用というのは国が定めている車検に必要な費用の事で、大まかには自賠責や重量税などがあります。この金額はどこの業者でも一定です。

車検費用の差が金額の差になる

もう一つが車検費用です。この車検費用は業者が任意に決めることができます。検査代や代行手数料などといった言葉で明細書には明記されていることが多いです。業者によって車検台に大きな開きがあるのはこの車検費用が大きく違うからです。

安いところにも高いところにもメリットがあります

車検台は安いに越したことはありませんが、あまりに安いところだと数をこなそうと最低限の検査しかしない可能性もあります。

高いところは高いなりにしっかりと細かいところまで検査してくれます。車検の業者を選ぶときにはよく考えて選びましょう。

車検を軽自動車で通す場合は費用が安く済むことが多いです。大型車や外国の車の中には非常に車検代がかかる場合があります。