車検を受けることが出来る場所について知っておこう

車検を受けなければ車は走れない

日本で車を走らせるためには車検を受ける必要があります。車検を受けないで走った車は立派な道路交通法違反です。

車検についてまずは知っておこう

車検とは簡単に言うと、その車が安全に公道を走ることが出来るかどうかを調べるために定期的に行われる車の点検の事です。

日本では新車ンお場合、はじめだけは3年に一回、それ以降は2年に一回車検を受けることが義務付けられています。

中古車などの場合は初めから2年に一回です、3年に一回でいいのはあくまでも新車が初めて車検を受ける場合のみです。

車検を受けることが出来る場所とは

この車検は国が認めた工場でのみ受けることが出来ます。とはいっても車検を受けることが出来る場所は多種多様です。

まず車を売っているディーラ店でももちろん車検を受けることが可能です。ディーラー店の死者県の特徴はとにかく安全性を重視する傾向にあります。

ディーラー店にとって信用を失うというのは何よりも恐ろしいことなので、もし自分の店で車検を受けた車が事故を起こしたりした場合、店の信用は一気に落ちます。ですから、車の部品に関しては期限が過ぎればどれだけ見た目が良くても交換するのが基本です。

車検を受けることが出来る場所、その2

そのほかに車検を受けることが出来る場所としては車検を専門に請け負っているフランチャイズ店があります。

フランチャイズ店の特徴はディーラー店と違って実際の車の状態を重視するところにあります。車の部品に関しては見た目が綺麗で状態も良ければその部品の期限が切れている場合であってもそのまま使用することが多いです。

必要以上の部品交換を行わないので費用に関してはディーラー店よりも安くなります。

2年に一回必ず受けなくてはならない車検です。車種により金額にも大きな差が出ますが、車を安全に乗るための定期点検なのでしっかりと受けることが大切です。