サックス演奏後にしておきたい!楽器を長持ちさせるお手入れ方法

水分の除去を徹底する

サックスの練習・演奏が終わったら、すぐにケースへしまい込んだのでは、あっという間に楽器が傷んでしまいます。正しいメンテナンス法をもって、楽器とできるだけ長く付き合って行きましょう。

まず、ネックとマウスピースを本体から外して、本体の水分を除去します。クリーニングスワブなどを用いて管内の水分を拭き取ります。次に、ネック・マウスピースの水分も取り除きます。同じくクリーニングスワブで拭き取りましょう。さらに、タンポの水分を、クリーニングペーパーを用いて取り去ります。特にクローズドキイ(E♭キイやLowC♯キイ)、あとHighEキイなども水分が溜まりやすいので、重点的にぬぐい取りましょう。

表面の汚れ落としも忘れずに

管の本体に付着した指紋・汗はキイの変色やくすみの原因となるため、柔らかいポリシングクロスなどでしっかりと拭き取るようにしましょう。キイの部分はあまり強くこするとタンポを傷める原因となるため、やさしく拭き取ってあげましょう。また、クロスをバネに引っ掛けて損傷しないようにも注意してください。

また、各ジョイント部分の汚れも入念にとっておきましょう。ジョイント部分の清掃を怠ると、組み立てにくくなったり、解体しにくくなったりと、こちらも弊害が出ます。ジョイントの内側もしっかりと拭くことを忘れずに。

最後に、キイがカチカチと音を出すようになってしまったら、キイオイルを少々さすようにしましょう。もし楽器屋に定期的にメンテに出しているなら、そこで行っているため、基本的には必要ありません。また、ネックキイのトーンホールも細かい汚れがたまりやすいので、ときどきクリーニングしてやりましょう。

サックスとはサクソフォーンの略称で、金属製の木管楽器の一種です。音域により、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンなど多種類があります。