命に関わる車検、料金だけで判断するのは危険!

車検は車両の性能を保証する制度ではない

自動車もしくは二輪車を所有すると、1年から3年に1回は車検を受けなければ運転することが許されません。車検は、車検時に車両が基準(安全面や公害面など)に適合しているかを検査するもので、次回の車検まで車両の性能を保証しているわけではありません。そのため、車検を受けた翌日に故障して、廃車せざる負えないこともあり得ます。車検は任意ではなく受けなくては運転が許されない義務、車検が切れた車両を公道で走らせると道路運送車両法違反となり、減点・免許停止・懲役などの罰則があります。

ディーラー車検は高査定

車検が切れた車両は、そのままでは公道を走れないため、積車で運ぶかレッカー移動、公道を走らせる場合は役場で費用を支払って仮ナンバーを借りなくてはなりません。車検はどこで受けるか悩みますが、車両のコンディションに心配がある場合はその車両を扱っているディーラーで車検を受けることが望ましいです。ディーラー車検は費用が高いと思われていますが、メンテナンスに費用を掛けた車両は売却する際に高査定、ディーラー車検は自動車業界の信頼度が高く、他で車検を受けるより高査定になります。他より基準が厳しいディーラー車検は、早めに部品を変えるため費用が高くなる傾向にありますが、人間の体と同様に早めのメンテナンスが長生き(長持ち)のコツです。車検費用を抑えたい方は、ユーザー自身で運輸支局に車両を持ち込んで受けるユーザー車検がお勧めです。しかし、ユーザー車検は他を巻き込んで重大な事故を起こす恐れがあるため、ユーザー車検を受ける方は整備スキルが必要です。

車検は専門の整備工場だけでなく、街中のエネオスで車検を行う事も出来ます。日頃、利用するお店と言う安心感もあり気軽に相談が行えます。